An Idea for the Global Electronic Health Record System (gEHR)

地球規模の病歴管理システムへの提案


吉原博幸

宮崎医科大学附属病院医療情報部


To English written document

1.はじめに

 地球上のどんな医療機関を受診しても、自分の病歴を全て見ることが出来たらどんなに便利で、医療上のメリットも大きいだろう。地球上に存在する医療機関が何らかの方法で結ばれ、地球規模で分散した病歴データを、あたかも一冊のカルテの様にひとつのまとまりとして見ることが出来る。これがカルテの電子化の最大のメリットであると思われる。これを実現するためのアプローチの一つとして、Web-cgi-SQLdatabaseの連携を用いる考え方があるが、複数の医療機関に分散された患者情報を、いかにしてまとまった病歴として見せることができるかという問題が生ずる。本論文では、分散化された情報の管理に関する考察を行う。

2.理論とシステム

2.1 分散管理のための前提
 これまで、ICカード、光カード等のメディアに病歴情報を記録する方法の試みがあるが、病歴情報は膨大であり、おのずからこれらのメディアには容量の点で限界がある。超大型コンピュータを使って、医療情報センターの様な集中型のデータベースを運用する考えもあるが、検索要求の集中による検索のレスポンス低下など、多くの問題があり、やはり分散型管理が現実的な選択であろう。では、地球上に分散されたデータを「一つのカルテ」として見るためにはどうするか?これを解決するためには、以下の2つの前提が必要となる。

前提1:受診歴の管理。
 患者が、これまでにどの医療機関を受診したかが判ること。これは、細かいレベルは必要でなく、病院単位で良い。いつ受診したかも必要ではない。したがって、普通の人が持つ情報としては、受診したことのある病院の数で、高々20レコード程度の情報である。この情報をICカードと受診歴データベース(以下GMHD: Global Medical History Database)に保持する(図1)。



図1 分散されたデータを統一的に取り扱うためのシステム(案)。
ユーザーはGMHDへ患者の受診先病院のアドレスを問い合わせ、その結果を元に、各医療機関のシステムにアクセスする(自動的)。その結果、広域に分散したデータをひとまとめのデータとして閲覧出来る。

前提2:システム間汎用インターフェイス
 個々のHIS (Hospital Information System)が、システム間汎用インターフェイスを持つこと。つまり、他施設からの患者情報検索要求に対応出来るような共通のインターフェイスを装備する必要がある。具体的には、Web-cgi-SQLDBや、CORBA (Common Object Request Broker Architecture[1,2])そして医学マークアップ言語[3,4,5]などを使ったインターフェイスである。

2.2 病歴情報の階層化
 病歴情報は階層化して考える。

1) 医療機関層
 各医療機関で運用されるシステム(データベース)のアドレス
2) イベント層
 データベース中の細かな情報の集まり。つまり、処方せん、検査結果通知書、各種報告書、プログレスノートなどである。
3) 実体情報層
 さらに細かい情報、つまり、投薬内容、検査値、報告書の内容、プログレスノートの記述、画像データなどである。

これらの階層をうまく利用することで、データの保存/取り扱いが容易になる。

2.3 病歴情報検索のステップ

以下、患者が病院を受診した場合を想定して、情報の流れについて解説する(図1)。

1) 受診歴の検索
 ICカードまたはGMHDから受診歴(受診医療機関のアドレス)を得る。患者が初めての医療機関を訪れた場合、もしICカードを持っていれば、その中には今まで受診した医療機関のアドレスが記録されているので、その情報を基に受診歴を検索出来る。ICカードを紛失または持参しなかった場合は、GMHDから検索する。医療機関では、必ず初診の際にICカードとGMHDに受診情報(病院情報システムのアドレス)を書き込むことが必須となる。この情報は医療機関単位の表現となる。Web-cgi-SQLDB風に書くと以下の例のようになるだろう。

 例) http://host.domain/function=? pid=xxx

 ちなみに、人が一生の間に受診する病院は高々20くらい。したがって、日本国民全ての情報をGMDSに集中しても25億レコード程度と考えてよいので、検索に対する負荷分散のため、ミラーサイトを複数置けば、単一のデータベースでも十分実用的である。

2) 診療歴(イベント)の検索
 (1)で得られた医療機関の所在情報に基いて、各医療機関にイベント層データ(処方せん、検査結果通知書、各種報告書、プログレスノートなどドキュメント単位)を問い合わせ、そのリストを得る(表1)。このリストを時系列、種別、医療機関別などで適宜ソート/分類し、診療歴として表示する。この段階で、分散されていた病歴情報は、まとまった一つのカルテとして表示されることになり、ユーザは情報がどこに存在するかを意識する必要はない。

 表1 受診歴を基に複数のデータベースから集めた医療イベント
 ------------------------------------------------------------
 address (URL)       event  time stamp  site
 ------------------------------------------------------------
 http://host.domain/... document  1996/03/12 hospital A
 http://host.domain/... drug order  1996/03/13 hospital A
 http://host.domain/... exam order 1996/03/13 hospital A
 http://host.domain/... exam order 1996/03/13 hospital B
 http://host.domain/... exam order 1995/12/23 hospital B
 http://host.domain/... exam order 1995/12/24 hospital B
 http://host.domain/... exam order 1995/12/24 hospital B
 ------------------------------------------------------------

3) 実体情報の表示
選択された項目の詳細を表示する。例えば放射線レポートを選択すれば、その内容を見ることが出来る(図2)。ユーザは、情報の所在を意識することなく、あたかも一つにまとまったカルテのように閲覧、書き込みが可能になる。


図2 

2.4 システム間汎用インターフェイス
 これらのシステムを運用するためには、共通のシステム間汎用インターフェイスを持つことが必要である。特に、個々のシステムは、それぞれ独自のデータベース設計のもとに運用されているので、交換する情報の医学的意味を伝えるための標準的なデータ交換フォーマットを持つ必要がある。これについては医学マークアップ言語などの提案がすでに提出されており、詳しくは関係論文[3,4,5]を参照されたい。

3. おわりに
 地球規模の電子カルテシステム構築のためのアイデアについて述べた。病歴の電子化は、情報を広域的に使うことにその意義がある。今後、実稼働しているシステムでの実装実験を行い、その有用性を実証したいと考えている。

参考文献

1) Robert Refali: The Essential Distributed Objects Survival Guide, John Wiley & Sins, USA

2) 小野沢博文: 分散オブジェクト技術CORBA, ソフトリサーチセンター

3)  吉原博幸 et al:厚生省健康政策調査研究事業報告電子カルテシステムに関する(カルテ構造技術コアチーム報告)

4) 高橋 究 et al: インターネットにおける診療情報流通のための共通フォーマットの検討, 1995年度医療情報学連合大会論文集

5) 吉原博幸 et al: 電子カルテの具体像, 1995年度医療情報学連合大会論文集